コンテンツへスキップ

不妊治療の上、無事出産


入籍して半年、無事式もあげることができ、30代半ばという年も考えると、二人っきりの時間を楽しむなんて時間は残されていないことから、すぐ子作りを始めました。

しかし、なかなかできませんでした。

子どもなんて欲しい時にすぐできるものだと思っていたので、結構ショックでした。

いろいろネットで調べたり、身体にいいということは試してみようと、ビタミンEやマカ、葉酸などのサプリメントも飲みました。

しかし、そんなに身体に効果があったように感じず、それと並行して病院に通うことにしました。

近所の産科に行きはじめ、どうやら私ではなんく、主人にほうに問題があるようだとわかりました。
そこで、嫌がる主人にもいろいろなサプリメントを飲んでもらいました。

どれだけ子どもが欲しいか何度も夫婦間で話もしました。

約1年にわたり、タイミング法で妊娠にむけて頑張りましたが、授かることはありませんでした。

何度の話し合った結果、約1年通った近所の産科から、より専門的な不妊治療専門の施設のある病院にかわることにしました。

新しい病院では、すぐに人工授精に移行しました。人工授精は自費になるため、経済的な負担も大きかったのですが、それよりも子どもが欲しかったのです。

6回やってもできませんでした。

いよいよ、体外受精も視野に入れないといけない、そうなると費用を考えると何度もトライはできない、そんなことを考える中、二人の生活も悪くはないかなとおもい始めていました。

そんなとき、7回目の人工授精で妊娠が確認できたのです。

とてもうれしかったのを今でもはっきりと覚えています。

初めての妊娠で、知らなかったマイナートラブルにたくさんおそわれ大変でしたが、おなかの中の赤ちゃんはとても元気で、予定日よりも2週間も早く無事に生まれてきてくれました。

今では、手が付けられないいたずら大好きな女の子が家の中をよちよち歩いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です