コンテンツへスキップ


妊活でよく用いられるサプリとして知られているベジママには、様々な効果があり口コミもあります。
まず、ベジママは葉酸サプリです。

このサプリを飲むことによって、子宮内膜を厚くして着床率を向上させる効果があります。

その他にも、ダウン症や流産、先天異常のリスクを軽減させることができたり、多嚢胞性卵巣症候群の予防と改善を期待できます。
また、基礎体温を上げることにより、妊娠しやすい体をつくることができるのです。

これは、葉酸が神経管閉鎖障害や無脳症といった先天異常を予防する効果があり、細胞分裂を正常に行うことが出来るようにする効果があることに起因します。
また、ベジママに含まれるビタミンEは、抗酸化作用があるので卵子の質を向上させることが出来る作用があります。

このような効果が期待できるベジママの口コミとしては、飲み始めてからホルモンバランスが整ってきて、生理不順が改善され、妊娠しやすい身体になってきたというものや、飲みやすいサプリなので、苦なく飲み続けられるといった口コミも多く見受けられます。

また、ベジママを飲む前までは全く妊娠できなかったところ、飲み始めて2ヶ月ほどで妊娠することが出来たという、妊活に成功した口コミもあります。

妊活に成功した人の口コミの多くは、30代以上の年齢の人が多いです。

30代以上の年齢になりますと、20代までの頃より妊娠しにくい身体になると言われています。
ですから、年齢を重ねた人ほど、効果を実感できたという口コミが多いのです。

ベジママは妊活をするためのサプリですが、男性向きではなくあくまで女性用の妊活サプリです。
含まれる成分は、妊娠するために必要となるものが適量含まれています。

例えば、ビタミンEなどは過剰摂取しても骨粗しょう症の原因となる可能性がありますので、身体に良くないのです。適量を摂取することで、妊娠しやすい身体を作ることが出来るのです。

通常の妊活をしながら、ベジママを飲むことで、妊娠する確率は高くなるでしょう。

ベジママで大丈夫?買う前に知っておきたい口コミや効果

このサイトでベジママについてもっと詳しく書かれていました。
ベジママについて成分や価格など知りたい方はチェックしてみてください。


入籍して半年、無事式もあげることができ、30代半ばという年も考えると、二人っきりの時間を楽しむなんて時間は残されていないことから、すぐ子作りを始めました。

しかし、なかなかできませんでした。

子どもなんて欲しい時にすぐできるものだと思っていたので、結構ショックでした。

いろいろネットで調べたり、身体にいいということは試してみようと、ビタミンEやマカ、葉酸などのサプリメントも飲みました。

しかし、そんなに身体に効果があったように感じず、それと並行して病院に通うことにしました。

近所の産科に行きはじめ、どうやら私ではなんく、主人にほうに問題があるようだとわかりました。
そこで、嫌がる主人にもいろいろなサプリメントを飲んでもらいました。

どれだけ子どもが欲しいか何度も夫婦間で話もしました。

約1年にわたり、タイミング法で妊娠にむけて頑張りましたが、授かることはありませんでした。

何度の話し合った結果、約1年通った近所の産科から、より専門的な不妊治療専門の施設のある病院にかわることにしました。

新しい病院では、すぐに人工授精に移行しました。人工授精は自費になるため、経済的な負担も大きかったのですが、それよりも子どもが欲しかったのです。

6回やってもできませんでした。

いよいよ、体外受精も視野に入れないといけない、そうなると費用を考えると何度もトライはできない、そんなことを考える中、二人の生活も悪くはないかなとおもい始めていました。

そんなとき、7回目の人工授精で妊娠が確認できたのです。

とてもうれしかったのを今でもはっきりと覚えています。

初めての妊娠で、知らなかったマイナートラブルにたくさんおそわれ大変でしたが、おなかの中の赤ちゃんはとても元気で、予定日よりも2週間も早く無事に生まれてきてくれました。

今では、手が付けられないいたずら大好きな女の子が家の中をよちよち歩いています。


妊活の第1歩は、体作りから。まずは、気軽のできるおススメの運動をご紹介しましょう。

それは、朝に行う20分くらいの「早歩き散歩」です。
早歩きでも十分な有酸素運動になり、血行が良くなります。

さらに新陳代謝も上がって、妊娠の大敵である「冷え」に大変効果的です。

朝に行うのには、もう1つポイントがあります。
それは、朝日を浴びること。

太陽光を浴びることで幸せホルモンのセラトニンが生成されるので、ストレスを感じている方にもおススメなのです。
妊活にはストレスも大きな弊害になりますので、心から健康になりましょう。

体を元気にし、さらに温めてくれる食材とは?

妊活を行う上で、食事を見直すことも重要です。

栄養面も考慮することはもちろんですが、妊活には新陳代謝を活性誌し、体を温めてくれる食材を摂り入れるようにすると良いでしょう。

そこでおススメなのが豚肉です。体を作る元であるたんぱく質が豊富で、疲労回復や糖質の代謝促進に役立つビタミンB1も入っています。

さらに嬉しいことに、豚肉には体を温める効果もあるのです。

豚肉は部位により調理方法も様々で、「ただ焼くだけ」というお手軽料理でも美味しくいただけます。
レシピのバリエーションが豊富なので、飽きることなく楽しめる豚肉を、ぜひ毎日の食事に加えてみてはいかがでしょうか。

質の良い睡眠が健康な体と心を作ります

妊活する方にとって、睡眠不足はかなりの足枷になります。
眠れないと疲労回復できないだけでなく大変なストレスとなります。
良い睡眠が取れるようになる、夜寝る前のちょっとした工夫をお教えします。

その方法はいたって簡単、「布団に入ったら携帯電話やパソコンは見ない」ようにすることです。
携帯電話などの液晶画面の光は脳を刺激し、交感神経を優位にしてしまいます。

すると体は興奮状態になり、なかなか寝付けなかったり、眠れても睡眠の質が悪くなってしまいます。

妊活を考え出したらまず、「携帯電話は寝る30分前から見ないようにする」、「布団の中では読書に切り替える」といった一工夫で眠れる体を手に入るようにしましょう。

私が妊活中に利用した商品は、「スローライフ」という会社の「ホワイトストーン」という天然水晶です。

これは豆粒サイズの石で、これをおへその穴と耳の穴に入れて生活するだけで温熱効果があり、冷えの改善が期待されます。

冷えが改善され、体温が高まることによって子宮の状態が良くなり、結果的に妊娠しやすくなるという商品です。

これは妊娠・出産・育児関係のネットの口コミで知りました。当時基礎体温を計って自己流でタイミングをみて夫婦生活を行うという方法で妊活していましたが、それから半年ほど経ってもまだ妊娠には至らなかったので、何か妊娠に近づけることはないかなと探しているところでした。

ホワイトストーンのほかにも、ルイボスティや葉酸サプリ、ちょっとした運動などを取り入れていましたが、ホワイトストーンの口コミでは「基礎体温が上がった」「体調が良くなった」「妊娠した」など評価が高かったですし、お値段もおへそ用だけなら4000円以下、さらに耳の穴用が追加される3個セットでも5000円程度でしたので思い切って購入してみました。

はじめは怪しいパワーストーンのような石なのでは?と思いましたが、そうではなく、体温が高くなることで妊娠しやすい体に近づくというのは理にかなっているし現実的だなと思えたので、購入しました。

これを、おへその穴と耳の穴に入れて使用しました。おへその穴にはドラッグストアで購入した「貼る絆創膏」を短く切って、ホワイトストーンが落ちないように固定しました。

これは日中ずっとつけっぱなしで、お風呂に入るタイミングで張り替えました。耳の穴用は就寝時に使用しました。

こちらも朝起きると外れていることが多かったので、固定して寝るようにしました。

使用してみてから驚いたのが、生理痛がかなり軽くなったことです。いつもは生理初日から3日目まで、鎮痛剤を2時間おきに2錠ずつ飲まないと、痛みでうずくまってしまうほどの痛みだったのですが、これが鎮痛剤を1日に3~5個ほど飲めば落ち着くほどに軽くなったのです!

おそらくホワイトストーンの使用で子宮が温まり、生理痛が改善されたのだと思います。また就寝時につけていた耳の穴用の効果ですが、首から肩にかけてポカポカしているのがわかりました。使用し始めたのが冬でしたので、その温かさが心地よく、まるでお風呂に入っているような良い気分で眠りにつけたので、首や肩の疲れが改善されました。

普段の手入れは、定期的に常温の水につけるだけです。

こういった体調の変化があり、いよいよ妊娠を期待していましたが、ホワイトストーンの購入・使用から約1年後に念願の妊娠を確認できました。

妊娠後もお腹が大きくなっておへそに入らなくなるまで使用しました。(耳の穴用は常に利用しています)

このホワイトストーンを、妊活をしている女性の方はもちろん、冷えに悩まされている方や私のように生理痛が重い方にぜひおすすめしたいです!効果の出方には個人差があると思いますし、合わない方もいらっしゃるかもしれませんが個人的にはおすすめです!

一つ言えることがあるとしたら、ホワイトストーンは小さめで透明な石なので失くしたらやっかいです…。

それくらいでしょうか。この点だけ注意をして扱って頂ければ、体調や冷えの改善の手助けと考えて使ってみてはいかがでしょうか。

私は妊娠8か月に入る直前で勤めていた会社を退職し、出産のため里帰りをする臨月直後までの約2か月の間、近所のスポーツジムで行われているマタニティースイミングのレッスンに通っていました。

ちなみに、マタニティースイミングとは妊娠16週目以降且つかかりつけの産婦人科医から運動の許可をもらった人ができる妊婦さん専用の水泳プログラムです。

もともと泳ぐことが好きで、前職に勤めていた時は社員優待で提携しているホテルのフィットネスクラブがつかえたので、月に2回のペースで泳ぎに行っていました。

後は2年前に出産をした地元の友人がマタニティースイミングに妊娠中ずっと通っており「お産がとてもスムーズだった」「肩をたくさん使うため乳腺を刺激し、母乳の出がよくなった」「体重管理が楽にできた」などととても良い経験になったと言っていたので、私も退職して時間が出来たら早速通おうと思い準備をしていました。

実際に2か月通っていましたが、友人が言っていた通りメリットはたくさんありました。

まず、毎回レッスン前に体重を測るので自分の今の管理状況が把握でき、管理がしやすいということです。

おかげさまで私は現在臨月をむかえましたが妊娠前と比べて7キロ弱の増加で今のところ安定しており、先生からもしっかり管理できていますねと毎回検診で言っていただけています。

母乳とお産についてはこれから迎えるため、どうなるかとても楽しみです。

あとは他にも得られたメリットとして、妊娠中の運動不足を解消でき、気分のリフレッシュにもなりました。

特に妊娠後期になると走ることもできず動きが鈍くなるため、足が重く感じることが多く気分的にもあまり明るい気持ちになれないことがよくありました。

ですが、水の中ですと自分の体の重さを気にせず軽々と動けるため、なかなかスムーズに動けないモヤモヤ感からも解放されましたので、毎回レッスン後は気分がよかったです。

また、ママ友さんもでき、既に出産を経験している方からはいろいろ出産についてのアドバイスや育児のあるある話なども聞け、参考になりました。

食事量は以前と変わらずか、むしろ少し増えましたが体重は急激に上がることもなく、本当にお腹の赤ちゃんの成長に合わせて増えていったので余分な体重の増加は全くありませんでした。

そのため現在も理想の増量傾向で、このままいけば出産後もすぐに元の体系に戻れそうです。

あとは毎週このレッスンで全身の筋肉をよく使っているおかげか、腰痛や肩こりにもほとんど悩まされていません。

私の周りにも同じくらいの予定日の妊婦さんが何人かいますが、皆やはり8か月ごろになると腰痛に悩まされるようになり、骨盤ベルトが必要になると言っています。

そんな中、私は臨月を迎えた今でも骨盤ベルトに頼ることなく普通に歩いたり階段の上り下りも問題なくできています。

私のように、妊娠前から泳ぐことが好きという方には是非おすすめしたいです。

無理なく体重管理もできますし、腰痛などにも悩まされにくくなるのでメリットだらけだと思います。

妊活は、妊娠に対しての正しい知識を身につけたり、自分の体の状態を把握して妊娠するための活動を行うことをいいます。
このような活動を積極的に行うことによって将来妊娠しやすいための体づくりをできたり、生活スタイルを整えられます。

現在妊娠を希望している女性だけではなく、将来的に妊娠がしたいという女性とパートナーである男性も含まれます。

近年女性の社会進出などを背景によって平均的な結婚年齢は高くなっています。

それに合わせて妊娠出産する時の年齢も上がってきており、35歳以上での出産を高齢出産と言いますが、その高齢出産で第一子を出産する女性も珍しくなくなってきています。

しかし、結婚や出産に年齢制限はありませんが、流産の確率や染色体異常児が生まれてしまう確率などリスクは高まっていきます。

胎児だけではなく母体に影響のある病気もかかりやすくなってしまうこともあり、これらのリスクを避けるためにもきちんと正しい知識を身につけ、出産に耐えられる体づくりが必要となるのです。

具体的な活動の仕方としては、基礎体温を測ったり、体を冷やさないようにする、バランスの良い食生活を行って、適度な運動をすることなどが有効となります。

妊娠に備えて摂取しておきたい栄養素は様々なものがありますが、中でもオススメなのがマカサプリです。

マカという植物は男性の妊娠する機能を高めることが有名ですが、女性にも効果があるとされています。正しく使用することで妊活に大きく役立たせることができます。

マカはペルー原産のアブラナ科の多年生植物で、カブや大根の一種になります。昔からスタミナ源として重宝されている植物です。

球根の部分にアミノ酸やミネラルなどを多く含んでいます。特に妊娠に効果的なのがアルギニン酸やリジンといったアミノ酸、リノール酸やαリノレン酸などの不飽和脂肪酸、カルシウムや鉄が多く含まれていることが良いとされています。

それに加えてアルカロイドやステロイド、サポニン、タンニン、アントシアニンなどの成分によって内部分泌線を刺激することができ、活力の増強やストレスの軽減、更年期障害の緩和、精力の回復や勃起障害の改善に役立ちます。

具体的な男性のマカサプリの効果としては、精液の量を増やしたり、精子の運動性を高める、運動精子数を増やすことなどの効果があります。
このような結果が出ることから、男性側の妊娠力を高めることに繋がってい行きます。

女性の具体的な効果としては、ホルモンバランスを整える成分が含まれているため、生理不順や重い生理痛の改善、妊娠しやすい体質に改善する効果を期待することができます。

様々なアミノ酸類によって卵巣機能も強化するとされています。

アルギニン酸は血管の拡張や血流を促す効果があります。
つまり冷え性の改善をすることができ、妊娠に影響してしまう冷えやすい体質を改善できます。

マカには植物エストロゲンが含まれており、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。

そのため生理前にプロゲステロンという黄体ホルモンが多くなることで便秘やイライラなどの症状が起こりますが、マカを摂取して植物エストロゲンを体内に取り込むことでプロゲステロンとのホルモンバランスが整います。

ホルモンバランスが整うと便秘やイライラなど生理前の症状を緩和する効果も得られます。

マカサプリはドラッグストアや通販などで簡単に手に入れることができます。
しかし、サプリメントを選ぶ場合には、きちんと効果のあるものを選んでいくことが重要です。

まず、1日に摂取が推奨されている量は1500mg以上だとされています。
サプリメントに配合されているマカの量が1日の理想量になっているものを選んでいくことが良いとされています。

原産地も重要です。マカはペルーの標高4000〜5000mの高い位置で育ったものが高品質だといわれています。

つまり、ペルーの標高が高いところで育ったマカを配合しているサプリメントであれば高い効果があると考えられています。

その他サプリメントの中には男性の精力などに効果のある成分が、含まれている男性向けのものや女性向けのものなど様々なものが販売されています。

マカ以外にも自分お悩みの改善に役立つような成分が、含まれているものを選んでいくことがオススメです。
ただし、あくまでもマカサプリは妊娠力を高めるサポートをするサプリメントになります。

毎日継続して摂取することが重要なため、価格なども福間て検討していきます。

錠剤タイプのサプリメントが苦手な場合には、料理に混ぜて使う粉末タイプやドリンクタイプなどもあるため用法用量を守って自分の飲みやすいタイプを選ぶことも効果的です。

副作用は使用量を守っていれば問題はありませんが、体質に合わないとアレルギー反応が起こることもあるため注意が必要となります。
しっかり妊娠したいという場合には、夫婦二人で妊娠のための知識やバランスのとれた食事、運動などを行っていくことが大切です。