コンテンツへスキップ


妊活でよく用いられるサプリとして知られているベジママには、様々な効果があり口コミもあります。
まず、ベジママは葉酸サプリです。

このサプリを飲むことによって、子宮内膜を厚くして着床率を向上させる効果があります。

その他にも、ダウン症や流産、先天異常のリスクを軽減させることができたり、多嚢胞性卵巣症候群の予防と改善を期待できます。
また、基礎体温を上げることにより、妊娠しやすい体をつくることができるのです。

これは、葉酸が神経管閉鎖障害や無脳症といった先天異常を予防する効果があり、細胞分裂を正常に行うことが出来るようにする効果があることに起因します。
また、ベジママに含まれるビタミンEは、抗酸化作用があるので卵子の質を向上させることが出来る作用があります。

このような効果が期待できるベジママの口コミとしては、飲み始めてからホルモンバランスが整ってきて、生理不順が改善され、妊娠しやすい身体になってきたというものや、飲みやすいサプリなので、苦なく飲み続けられるといった口コミも多く見受けられます。

また、ベジママを飲む前までは全く妊娠できなかったところ、飲み始めて2ヶ月ほどで妊娠することが出来たという、妊活に成功した口コミもあります。

妊活に成功した人の口コミの多くは、30代以上の年齢の人が多いです。

30代以上の年齢になりますと、20代までの頃より妊娠しにくい身体になると言われています。
ですから、年齢を重ねた人ほど、効果を実感できたという口コミが多いのです。

ベジママは妊活をするためのサプリですが、男性向きではなくあくまで女性用の妊活サプリです。
含まれる成分は、妊娠するために必要となるものが適量含まれています。

例えば、ビタミンEなどは過剰摂取しても骨粗しょう症の原因となる可能性がありますので、身体に良くないのです。適量を摂取することで、妊娠しやすい身体を作ることが出来るのです。

通常の妊活をしながら、ベジママを飲むことで、妊娠する確率は高くなるでしょう。

ベジママで大丈夫?買う前に知っておきたい口コミや効果

このサイトでベジママについてもっと詳しく書かれていました。
ベジママについて成分や価格など知りたい方はチェックしてみてください。


入籍して半年、無事式もあげることができ、30代半ばという年も考えると、二人っきりの時間を楽しむなんて時間は残されていないことから、すぐ子作りを始めました。

しかし、なかなかできませんでした。

子どもなんて欲しい時にすぐできるものだと思っていたので、結構ショックでした。

いろいろネットで調べたり、身体にいいということは試してみようと、ビタミンEやマカ、葉酸などのサプリメントも飲みました。

しかし、そんなに身体に効果があったように感じず、それと並行して病院に通うことにしました。

近所の産科に行きはじめ、どうやら私ではなんく、主人にほうに問題があるようだとわかりました。
そこで、嫌がる主人にもいろいろなサプリメントを飲んでもらいました。

どれだけ子どもが欲しいか何度も夫婦間で話もしました。

約1年にわたり、タイミング法で妊娠にむけて頑張りましたが、授かることはありませんでした。

何度の話し合った結果、約1年通った近所の産科から、より専門的な不妊治療専門の施設のある病院にかわることにしました。

新しい病院では、すぐに人工授精に移行しました。人工授精は自費になるため、経済的な負担も大きかったのですが、それよりも子どもが欲しかったのです。

6回やってもできませんでした。

いよいよ、体外受精も視野に入れないといけない、そうなると費用を考えると何度もトライはできない、そんなことを考える中、二人の生活も悪くはないかなとおもい始めていました。

そんなとき、7回目の人工授精で妊娠が確認できたのです。

とてもうれしかったのを今でもはっきりと覚えています。

初めての妊娠で、知らなかったマイナートラブルにたくさんおそわれ大変でしたが、おなかの中の赤ちゃんはとても元気で、予定日よりも2週間も早く無事に生まれてきてくれました。

今では、手が付けられないいたずら大好きな女の子が家の中をよちよち歩いています。


妊活の第1歩は、体作りから。まずは、気軽のできるおススメの運動をご紹介しましょう。

それは、朝に行う20分くらいの「早歩き散歩」です。
早歩きでも十分な有酸素運動になり、血行が良くなります。

さらに新陳代謝も上がって、妊娠の大敵である「冷え」に大変効果的です。

朝に行うのには、もう1つポイントがあります。
それは、朝日を浴びること。

太陽光を浴びることで幸せホルモンのセラトニンが生成されるので、ストレスを感じている方にもおススメなのです。
妊活にはストレスも大きな弊害になりますので、心から健康になりましょう。

体を元気にし、さらに温めてくれる食材とは?

妊活を行う上で、食事を見直すことも重要です。

栄養面も考慮することはもちろんですが、妊活には新陳代謝を活性誌し、体を温めてくれる食材を摂り入れるようにすると良いでしょう。

そこでおススメなのが豚肉です。体を作る元であるたんぱく質が豊富で、疲労回復や糖質の代謝促進に役立つビタミンB1も入っています。

さらに嬉しいことに、豚肉には体を温める効果もあるのです。

豚肉は部位により調理方法も様々で、「ただ焼くだけ」というお手軽料理でも美味しくいただけます。
レシピのバリエーションが豊富なので、飽きることなく楽しめる豚肉を、ぜひ毎日の食事に加えてみてはいかがでしょうか。

質の良い睡眠が健康な体と心を作ります

妊活する方にとって、睡眠不足はかなりの足枷になります。
眠れないと疲労回復できないだけでなく大変なストレスとなります。
良い睡眠が取れるようになる、夜寝る前のちょっとした工夫をお教えします。

その方法はいたって簡単、「布団に入ったら携帯電話やパソコンは見ない」ようにすることです。
携帯電話などの液晶画面の光は脳を刺激し、交感神経を優位にしてしまいます。

すると体は興奮状態になり、なかなか寝付けなかったり、眠れても睡眠の質が悪くなってしまいます。

妊活を考え出したらまず、「携帯電話は寝る30分前から見ないようにする」、「布団の中では読書に切り替える」といった一工夫で眠れる体を手に入るようにしましょう。