モットンカバーの洗い方と干し方とは!?洗濯機が使えないのは本当!?

モットンにはちゃんと衛生的に使えるようにモットンカバーが装着されています。

このモットンカバーを定期的に洗うことが衛生的に使うポイントです。

モットン本体を洗濯することはできないので、モットンカバーを洗っていくのですが、生地が「ベロア生地」でとてもデリケートな素材なんです。

公式サイトにも記載されちえるのですが、このベロア生地は手洗いじゃないとダメだと言うのです。

ですが正直マットレス規模の大きさのカバーを手洗いするなんで風呂場でも洗うのはすごく大変です。

正直こまめに風呂場などモットンカバーを手洗いする人はいないでしょう。

ではなぜ公式サイトでは手洗いを推奨しているのでしょう。

 

モットンは本当に洗濯機が使えない!?

どうせなら洗濯機にぽいっと入れてスイッチひとつで終わらせたいですよね。

そこで調べてみたのですが、ベロア生地というのはデリケートな素材なので、公式サイトやタグで表記する場合は必ず手洗いの表記になるようです。

では世間ではベロア生地をどのようにうまく洗濯しているのか調べてみました。

ベロア生地は生地同士が擦れ合ってダメージを受けます。

なのでまず洗濯機で洗濯する場合は、他の衣類と一緒に洗濯しないことが条件になります。

そして洗濯機の中では激しくカバーが叩きつけられるので、ベロア生地が傷まないように裏返しにして、ダメージを直接受けないようにします。

あとは洗濯機の設定を弱い生地に設定(最近の洗濯機にはだいたい備わっている機能です)にしてスイッチを入れればOKです。

入れる洗剤はなるべく生地にダメージが少ない中性洗剤(下着洗剤でもOK)をお使いください。

それじゃー汚れが落ちないのでは!?」と思う方も多いようですが、人間の体から出る皮脂や汚れは中性洗剤で十分です。

間違えても風呂場のボディーソープを使わないでください。

かなり生地へのダメージが多く、毛玉や毛のほつれが発生する原因になります。

柔軟剤を使いたい場合は、使用方法に従って適量入れれば問題ありません。

 

干し方は陰干しが良い!?

洗った後よく干すのが面倒な人は洗濯乾燥機を利用しますが、これはNGです!

洗濯だけでなくモットンカバーが乾燥時のも激しくかき回されるので生地が傷む原因になります。

なるべく生地が傷まないように、洗濯乾燥機を使用せず陰干しするようにしてください。(公式サイト推奨より)

なぜ陰干ししなければいけないのかというと、太陽の日差しには直射日光の他に紫外線が含まれており、生地を黄ばませる他に劣化させる恐れがあります。

よって陰干しを推奨しているのですが、私は昔から何でも天日干しにしていますが、黄ばみは何年も使ったTシャツくらいしかわかりません。

それにマットレスが黄ばんだところでわかる人なんているの?と思ってガンガン天日干ししてますが、今の所劣化や黄ばみを感じたことがありません。

神経質な人や、モットンカバーを長く使っていきたい気持ちが強い人は陰干しをおすすめしますが、普段から洗濯物を天日干しする人は私と同じように天日干ししても大きな変化は無いと思って良いかもしれません。

 

まとめ

モットンカバーを洗濯するときはモットンカバーだけ洗濯すること。

モットンカバーはベロア生地なので、他の衣類と一緒に洗わず、ベロア生地が表に出ないようにモットンカバーを裏返しにすること。

洗剤は中性洗剤を使って柔軟剤は使用方法を守って適量であれば問題ありません。

洗った後は洗濯乾燥機を使用せずに、天日干しでOK。

モットンカバーを大切に使っていきたい人は公式サイト推奨の陰干しすることが望ましいです。

ぜひ気持ちよくモットンを使っていってくださいね!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク